宅地開発コンセプト

暮らしやすい街づくりを追求してきた確かな経験と実績があります。

どんなに立派な建築物であっても、宅地造成がしっかりしていなければ価値は半減してしまいます。
アァートヒルは、見落としがちなこの部分にこそ住宅のクオリティそのものを決定づける重要な要素が存在すると考えました。
さらに、現代の宅地開発は、地域の街並みや環境との調和を考えながら進めていかなければなりません。
その中で、用地の選定および企画から販売まで一貫して行う私たちのスタイルが、優良な宅地を提供する上でもっとも相応しいものと自負しています。

 

周辺環境に配慮した、計画的な住宅・団地の造成事業

宅地開発事業とは、簡単に言いますと土地を造成して使い勝手の良い宅地に形を変えて販売するという事業です。
アァートヒルでは、販売時の収益までを視野に置き、設計者及び施工者がそれぞれの視点で吟味し、事業主様にご納得いただける設計 施工を展開します。このため計画地によっては、「残念ながら造成するには工事費がかかりすぎるので断念したほうがいいでしょう」 というご返答にならざるを得ない場合もあります。
通常、宅地開発事業におきましては、不動産の取扱い(土地の購入、販売)、設計作業、造成工事という主に3種類の専門企業が関わることと なりますが、企業3社が関わりますと、それぞれの経費等が負担となり、結果的にお客様に販売する宅地の価格が上がってしまうのが 現状と考えられます。
そこでアァートヒルでは、こうした経費による宅地価格の膨らみを無くすべく、当社単独で土地の取扱い、設計作業、造成工事を行い、 お客様に適正価格でお届けできるよう取り組んでおります。

 

アァートヒル殖産の宅地開発コンセプト

当社は、土地に関わる土地所有者・不動産会社(信託銀行系)・町内会等と保有不動産や処分不動産について意見交換し売買に結び付け、今の時代に適応する道路の整備や街づくりを進め、開発行為を通じて安心・安全な街になるお手伝いをすることで地域社会に貢献しようとしています。

現在不動産開発業界では、小規模開発が横行し、行き止まりの道がたくさん生まれ、様々な弊害が生じています。地域との連携を密にし、乱開発にならないよう、安心の街づくり・心安らぐ街づくりを目指してきました。企業理念にあるように、今後もぬくもりのある街づくりを推進していきます。